都立多摩図書館

立川市から国分寺市へ移転した「都立多摩図書館」。施設と蔵書がスケールアップして、子連れにも優しく☆

駐車場アイコン

双子キッズがこの春、幼稚園に入園して、ほっとしているのじまんです。
2017年1月末に立川市から国分寺市へ移転オープンした都立多摩図書館に行ってきました!児童・青少年の本がたっくさんある!ということで、今回は「子どもの本」をメインに取材することにしました☆

ママ友から「混んでいるよ~」との噂を聞いていた「都立多摩図書館」。果たして今回は?

お目当ての「子どもの本」は1階の「こどものへや」にありました。ワクワクしながら入ると、そこには14,000冊もの絵本や児童書がずらりと♪

その「こどものへや」の奥には、「えほんのこべや」という絵本ばかりを集めた部屋がありました。

うちの子どもたちは、たくさんの本や人たちに圧倒されて、ずっとキョロキョロと。でも、次第に気になる本を探すようになりました。

ママには助かるアイテムが充実していました。

気がついたら、あっという間にお昼の時間。お弁当が食べられる場所があるとのことで、腹ぺこ3人は図書館入口近くにあるカフェへ移動☆

帰りに図書館の脇を抜けると大きな公園に遭遇。うれしい発見でした!

今回、多摩図書館を訪れてみて、建物の大きさはもちろん蔵書の数もスケールアップしたのを肌で感じて来ました。ただ、残念なのは本は借りられないことです(当たり前?)借りて読みたいなと思った本は、近くの図書館で探すか、買いましょうね。

※2017年3月の情報です。撮影許可書を提出し、取材させていただきました。

住所 東京都国分寺市泉町2-2-26
ホームページ http://www.library.metro.tokyo.jp/guide/tama_library/tabid/1407/Default.aspx
営業時間 平日(10~21時)、土日祝日(10~17時半)
定休日 第1木曜日
駐車場 有(2時間まで無料)
おむつ替え場所
授乳室