古民家園 小林家住宅

縁側で親子揃ってのんびりと♪

無料アイコン 駐車場アイコン

平成新道沿いにある古民家園。

いつもきのこ型にキレイに剪定された木が目印です。

古民家自体は垣根に囲まれ、道路から見えづらいので、こちらは目印になりますよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

刈込した直後は惚れ惚れする位見事です❤

中に入ると箒目に整えられた砂利庭、その奥に立派な古民家があります。

この砂利はうちの子どもも足を踏み入れたことが無いんですが、どうもこの空間を乱してはいけない雰囲気はありますね…。

こちらは旧砂川9番組に属していた小林家の住宅を移築復元したもので、床の間、違い棚、書院などの座敷飾りは、当時の武家屋敷に並ぶほど大層立派なものだそうですよ。

 

ここは本来、昔の生活様式や建築技術を伝える場所ではありますが、散歩がてら子どもとのんびりすることもできるんです。

雨の日に中でまったりしてもいいですね♪

特に3月のひな祭りの頃には大正時代のものを含む120点の雛人形が飾られ、5月の端午の節句の頃には大きなこいのぼりが空を泳ぎますよ。

七段飾りのひな人形や大きなこいのぼりは、今となってはあまり見かけなくなり貴重なものですよね。

私は実家にあった七段飾りとよく似たお顏のものがあるので、懐かしい人に会いに行くような気分になります。

管理人さんに伺うと、私と同じような方や、今の家に飾れなくてこちらに毎年足を運ぶ方もいるそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5月のこいのぼり

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

囲炉裏は管理人さんが丁寧に手入れされています

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

広ーい縁側

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この竹林の奥には蔵を移築する予定もあるそう

 

縁側に座って風を感じながら、整然とした石庭、竹林の笹の葉が風で重なる音を聞いていると、子どもでさえ言葉を発せずにただ眺めていたりします。

その表情もどこか穏やかで……家路に就くころには怪獣に戻りますが(笑)

おもちゃも何も無いけれど、磨きこまれた床の輝きやいろりの灰の匂いを嗅いでいると、生活することのいとおしさのようなものを感じます。

 

近くには「こもれびの足湯」もありますよ。

こちらも併せて楽しめまーす。

駐車場も無料です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

※取材時(2014年9月)の情報です。内容が変更になっていることがありますのでご注意ください。

住所 立川市幸町4-65
ホームページ http://www.city.tachikawa.lg.jp/shogaigakushu/kurashi/kankyo/mizutomidori/kawagoedo.html
営業時間 9~16:30
定休日 月曜(祝日の場合はその翌日)
駐車場 あり(6台)