子育て古民家「つちのこや」

おばあちゃんの家ようなのお茶の間で伸び伸びと遊べる♪

有料アイコン

こんにちは。最近2歳の娘が暗記した絵本を読んでくれるひとときに、幸せを感じているAyaです。
今回は、国立でちょっと気になっていた「やぼろじ」というスポットに子育て古民家があると聞き、早速行ってきました♪

こちらがやぼろじのMAPと、その中の子育て古民家「つちのこや」の入口になります。
やぼろじは江戸時代から続く旧家「本田家」の敷地の一角にあり、その母屋が今年の2月につちのこやとしてオープンしたそうです。因みにつちのこやの名前の由来は「土+子+家」なんですって!なんだかワクワクしますね♪

場所は甲州街道沿いにあります。私は国立市民なので自転車でひょいっと。電車ですとJR南武線谷保駅北口から徒歩約5分。駐車場が無いので、車の方は谷保駅北口周辺のコインパーキングが便利とのことです。

お庭には池やカフェスペースもあります。お天気の良い日には外遊びも良いですね♪

玄関には小さな子供がちょうど腰を掛けられる高さのステップが。これがあると靴を自分で脱いだり履いたりしやすく、嬉しいですよね。
さて、お邪魔したこの日は金曜日。「子育て茶の間」といって予約不要で自由に出入りできる日でした。
他にも、韓国料理のランチが食べられる「つちのこ食堂」の日や、わらべうたや絵本の読み聞かせ時間のある「おやこびより」の日など、曜日によって内容が変わります。詳細はつちのこやHPのカレンダーでご確認下さいね。(つちのこ食堂の取材記事はコチラからどうぞ☆)


入口にある受付用紙に氏名や人数・こどもの年齢など簡単な情報を記入し、施設利用料(お代わり自由のお茶代・保険料)として、おとな300円、3歳以上100円を入口の缶に入れれば自由に遊べます☆

この日は麦茶と珈琲が用意されていましたが、別日にはコーン茶(ノンカフェイン)もあり、それがまた美味しかったです。

玄関に入った時にスタッフの方が「初めてですか?」と施設利用について丁寧に対応して下さり、その後は「ごゆっくりどうぞ♪」と裏方へ。この日は寒かったこともあり、広~いスペースを私たち親子で貸し切り状態でした。

畳のお部屋、陽当たりの良い縁側、窓から見える緑いっぱいのお庭。まるで実家やおばあちゃんの家に遊びに来たような感覚で、本当にリラックスできる癒しの空間でした。

温もりのある木のおもちゃや、絵カード・カラフルな積み木・クレヨンや紙などの他、幼児~小学生も楽しめそうな絵本や図鑑などもたくさん置いてありました。

授乳室はありませんでしたが、トイレは大人用が二つに子供用の便座と、おむつ替えスペースがありました。
トイレトレーニングを始めた娘には、この便座の用意が嬉しかったです♪

二間続きのお部屋ですので広さもありママ会の集まりにもピッタリ!
お子様が小さいママにとっては、おやこびよりの日を利用すれば育児仲間も見つけやすいのでは、と感じました。何よりとっても寛げる空間でしたので、お近くの方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか☆

 ※2017年11月時点の情報です。
住所 186-0011 東京都国立市谷保5119
ホームページ http://hatakenbo.org/tutinokoya
営業時間 ・月 11:00-14:00 つちのこ食堂 ・月 16:00-17:00 つちのこ音楽団 ・火 11:00-14:00 つちのこ食堂 ・水 11:00-16:00 おやこびより ・木 11:00-14:00 だれでも茶の間 ・金 11:00-14:00 だれでも茶の間
入場料 ・おとな300 円(中学生以上) ・こども100 円(2歳以下無料
おむつ替え場所 有り