星と森と絵本の家

田舎のおばあちゃんの家のような絵本の家です☆

無料アイコン 駐車場アイコン

こんにちは。先日の突然の夏日に、慌てて子どもの日焼け止めとノースリーブを引っ張り出したAyaです。
そんな5月のとある日、三鷹市の国立天文台内にある「星と森と絵本の家」に行って来ました☆

IMG_0678
まず入口。こどもの好奇心をくすぐるカラフルな木のチップで入場の記録を残します。
帰る時に横にある箱へ戻すことで、市内外の来訪者の統計を取っているんですって。

受付ではスタッフの方がとても親切に施設の案内をして下さいました。なんと無料でびっくり!
日当たりの良い食事スペースでお昼ごはんを食べた後、いよいよ旧官舎の方へ。
(因みに、食事スペースより先は飲食不可で、手荷物もロッカーに預けてからの移動となります。)

廊下を抜け、靴を脱ぐとその先には・・・

IMG_0695
一瞬で我が子の目がキラキラと光るのを感じました。大正時代の建物とあって、木造ならではの何とも言えない温かみと迷路のような廊下と戸の多さに、大人だってワクワクして駆け出したい気持ちです、笑。
お転婆2歳児は絵本のある場所へたどり着くまでに何度ここをぐるぐる回って「ばぁ!」をした事でしょう。


約2,500冊ある絵本。貸し出しはしていませんが、家の中でしたらどこでもゆっくりと読むことができます。
そして所どころに”コドモゴコロ”をくすぐるしかけやレイアウトがちりばめられていていて、つい時間が経つのを忘れてしまいます。そして更に嬉しいのは、おもちゃ室!小さな部屋ですが、木のおもちゃがたくさんありました。

IMG_0796
室内あそびに飽きたら外へ出て思いっきり走れます。庭にもかえるの池や竹馬、輪回し、様々なあそび場所がありました。娘はハンモックでゆらゆら・・・暑い日でしたが木陰もありとても気持ち良さそうでした♪

IMG_0826

星と森と絵本の家は、子どもだけでなく大人も楽しめる秘密基地のような場所でした。
施設自体は無料ですが、隣接の駐車場は有料になります。
それでも、室内でも屋外でもたっぷり遊べて大満足!
絵本の読み聞かせや紙芝居などのイベントも行われているそうなので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか☆

※2017年5月時点の情報です。

住所 181-0015 東京都三鷹市大沢2丁目21番3号 国立天文台内
電話番号 0422-39-3401
ホームページ http://www.city.mitaka.tokyo.jp/ehon/
営業時間 午前10時~午後5時
定休日 火曜日、年末年始(ほかにメンテナンス休館あり
入場料 無料
駐車場 有(有料)
おむつ替え場所
授乳室