東京薬科大学 薬用植物園

どんなお花や果物に出会えるかな?お散歩の後は学食でランチも楽しめるよ。

無料アイコン

寂しかった花壇にようやくパンジーを植えて、ちょっとほっとしているめぐちゃんです。
寒くてもお天気は良いので、お散歩とランチを兼ねて、東京薬科大学植物園に行って来ました。

 

正門から入ると、左右にたくさんの木々が植えられていて、それぞれに説明の札がついています。ひらがなを読めるようになった息子は、それらを得意気に読みながら歩いていました。紅葉の時期や春のお花が咲く時期には、普段あまり見かけることのできない、野草のお花にも出会えそうです。

imga0035

たにし池。春にはたにしさんに会えるかな?

 

温室に入ると熱帯の植物がお出迎え。カカオやレモン、そして最近では洋菓子などによく使われている、バニラビーンズなどが栽培されていました。よくスーパーなどで商品としては見かけますが、実際に育っている様子を間近に見て、息子は興奮していました。

 

imga0055

あまりの大きさにびっくり!

 

自然観察路は、起伏に富んでいてお散歩大好きなチビッコは大満足!
階段を上ったり、小川を渡り、坂道を上ったりしている途中で昆虫にも出会えるかも。

 

 

たくさんお散歩を楽しんだ後は、おいしいランチ!2か所学食があってどちらも利用できますが、今回は生協の学食を利用しました。

学食のメニューは、好きなものを好きなだけ食べれるバイキング形式のものと、麺やカレーのごはんものと種類が豊富!私は生協の売店でも売られていた、こちらの大学監修の薬膳カレー。息子はバイキングであれこれ持ってきたお気に入りメニューを頂きました。

薬膳ということで、漢方のような味がするのかなぁと思っていましたが、そんなことはほとんどなく、スパイシーなおいしいカレーでした。学食はテラスもあってお天気が良ければ、そちらでランチも楽しむことができます。

普段のおやつなどに食べているバナナや果物のお花に出会えたり、キャンパスで久しぶりに学生気分をちょっと味わえたりと、ママも息子もどちらも楽しめました。次は、暖かくなったお花が咲いている時期に、来てみたいなぁ。

※ 2016年12月の情報です。

 

 

住所 東京都八王子市堀之内1432-1
ホームページ https://www.toyaku.ac.jp/
営業時間 平日 月~土曜日 午前9時30分~午後4時まで
定休日 日曜・祝日、大学の休暇日・期間(8月中旬、年末年始)、入学試験日は休園となります。詳しくは開園カレンダーをご覧ください。
入場料 無料
駐車場 正門そばにコインパーキング有 (1回500円)